MUDS「未来創造プロジェクト」学生成果発表会に参加

  •   >
  • News  >
  • MUDS「未来創造プロジェクト」学生成果発表会に参加

1月27日に、武蔵野大学データサイエンス学部(MUDS) 「未来創造プロジェクト」学生成果発表会に昨年に続き参加させて頂きました。緊急事態宣言発令中のため、今年はリモート・イベントツールRemoによる開催でした。

未来創造プロジェクト」はデータサイエンス学部で開設する少人数ゼミ形式の授業。グループ学習や企業・官公庁との共同研究等を通じ、学生のみなさんが先生方の指導のもと、分野横断的に実社会の問題に取り組みます。

1月27日のイベントでは1年生のみなさんがバーチャルな会場のテーブルでプレゼンテーションを行った他、2年生チームが国際学会での受賞論文を紹介。1年性のプレゼンテーションは人工知能やビッグデータを活用し、環境や防犯など大きな社会問題の解決を目指すプロジェクトが目立ちます。2年生の発表は受賞論文だけあり、研究内容の深さやプレゼンテーションでの伝え方など、さすがとうならせる内容でした。

弊社からは1年性の農業分野のプロジェクトに賞をおくりました。全体の講評をする機会を頂き、10ヶ月という短期間での1年生のみなさんの大きな成果と2年生のみなさんの目覚ましい成長が強く印象に残ったことをお伝えしました。

本年も素晴らしいイベントに参加する機会を提供してくださった武蔵野大学の皆様に感謝申し上げます。

株式会社CustomerPerspective

代表取締役 紣川 謙 Ken Kasegawa